迷うは楽しい、“迷うは進め”! ぴかりさんの前向きさったらホント見習いたいですわ!!

00369
00294
 第6話失敗した“実習”をクリア! いよいよ海、初のダイビングにワクワクを膨らます水着回!
 気持ちが膨らんで、一緒に飛びこんだ部員たちが可愛かった!
 夢見た海が、そこにあるっ!

 迷う事は、「より良いコト」を掴むチャンス、迷った時はいざ進めってコト! 素敵な発想だ!!

選べずに立ち止る事
 冒頭の姉ちゃんも、「命を預けられる事」に不安なてこも、迷う気持ちは同じ
 けど、楽しい未来が待っていた!

 意外に珍しい水着回! 姉さんってば公式で「こぼれそう」だった!!
『やりたい事は山ほどある、しかし結局…、迷い迷って…、今日が過去になってゆく……』

00000
 そう…、彼女は選ぶコトが苦手なのですやるぞー何かやるぞー…

今日という一日を迷うコト
 選ぶのが苦手な二宮愛には、日曜日の「やりたい事」は多すぎたが、ぴかりとてこに手を引かれ
 買い物に付き合い、一緒に水着を買って海に行き
 有意義な日曜に満足する

 が、プール実習が、「ぴかりのバディになれる」まで目前となったてこが悩みを吐露する

 自分は相応しいだろうか、と。
 でも悩むのは、「やりたいから」でしょとぴかりは返す

 迷うのは「より良い状況」を選ぶチャンス、迷わずに進もう! てこは実習を成功させるのだった

 次回、第11話「猫と子猫のコト」
ぴかり『姉ちゃんセンパーーーーーイっ! 遊びに行きましょーーーーうっ!!』
愛『え…?』

00001
00002
00003
00006
00007
00008
00010
00011
00012
00013
00014
00015
00019
00020
00022
00024
 踏み込まれ踏まれ、置いていかれる弟君! まさに不憫ッ!!

低血圧な宝物
 日曜日、いつもより選択肢が多い朝を、「選ぼう」としたまま無為に過ごすことが多い二宮愛
 が、今日は後輩ズが現れた!
 コマンド?

 いやいやー…、自分で探すから、楽しいんですよぅっ!

 姉ちゃん家を訪れた二人
 ぴかりは、あの時のうろ覚え住所で探しあてたらしい

 つまり!
ぴかり『我々は、姉ちゃんセンパイというお宝をゲットしたのですっ!』

00026
 恥ずかしい台詞禁止!

姉ちゃん『うはーーーーーーーーーっ!?』

00027
 離れて分かる弟くんのありがたさ。蹴りたい背中!

姉ちゃん『でもまあ? あんがと、今日一日、何しようか迷ってたところだったしっ』

00029
00032
00038
 優柔不断で低血圧、朝は半死半生な姉ちゃんでかい…。今週は特にデカい……。

優柔不断な二人のコト
 なんとなく、即断即決に見える二宮愛は筋金入りの優柔不断で、まんま優柔不断なてこさんは
 ふと、意外な親近感を覚える。 

 ああ、ログブックね!

 お目当てはコレ!
 ダイバーの、「記録帳」を買いに来たのだ。

 来週いよいよ、再プール講習を行い、クリアできたらダイビングに挑戦できるのである!

 泳げるようになったのね、てこさんや!
『泳げるようになったんでしょう? んじゃあオッケーーーイっ!』

00043
 太鼓判押してくれる姉ちゃん、良いセンパイですよね! 元気が出るわ!!

姉ちゃん『海に潜る日も近いわねーっ』

00047
 いよいよ「海」近し、気合の入るてこさんってば美人!
 ココ、特に美人さんだ!

 が
てこ『(ぴかりと一緒に海に潜る…、その日をずっと待っていた……、はず…)』

00050
 しかし迷いを見せるてこ、迷うのはてこの得意技ですが、さてドコに迷っているのか…?

ぴかり『てこー、見てー! すごい可愛いー!! …ログブックってね、ダイバーの日記なんだよっ! 記録は勿論、海の色とか、出会った魚の種類とかっ!!』

00052
00055
00056
00060
00065
00073
00074
00077
 バカめ! 可愛いのは貴様だぴかりさんや!!

悩むのも楽しいです!
 中には写真を貼る人もいて、記録を越えた「日記」帳! さすが伊豆はダイビングで有名だから
 ログ・ブックも、膨大な数があったものの…

 おりょ…、私のと同じ奴だ……、へえー、結構何種類も出てるのね?

 あっさり決定!
 ぴかりは、“悩む”のも楽しい

 けどコレと決めたら、あっさり決めてしまうぴかり、てこも気に入って部員全員が同じシリーズに

 仲良しか!(真実)
『お…?』『これは…?』『不味い…!』

00081
 しかし、女子に戦慄走る…! てかナンパされないのが不思議である。

姉ちゃん『水着のバーゲンだと…!? …見ちゃダメっ!!』

00086
 姉ちゃんが奇怪な行動に! 手で隠すと「アレっぽい」とか思っちゃいけない!!

姉ちゃん『バーゲンといえど水着はお高いのよ…! 確かに新しい水着は欲しいけど…! でも50%オフならーーーーーーー! でも厳しいのよー! でも見るだけなら……、とかいう油断が命取りよーーーーーーーーーーー!』

00088
00089
00092
00093
00097
00098
00099
00101
00104
00106
00109
00112
 ふふんっ! 迷ったのなら、れっつ・ら・ゴーですっ!

迷う…、でも楽しい!
 びっくりするほど迷う姉ちゃん! 優柔不断オンナの本領発揮に、ぴかりさんがアタック!!
 迷う姉ちゃん、かわいい!
 で

 私のサイズだと、なかなか収まりがね…、だから上だけ二枚重ねしてカバーしてんのよ。

 公式「でかい」。
 油断すると、水着のブラからこぼれる事案。

 そこで上だけ二枚買って、万一、一枚が弾け飛んでも大丈夫なようにしているという…!

 何、この素でエロい人!
『服探すのも一苦労だし、一歩間違うと、太って見えるし……ッ!』

00118
 そして下乳とへその惜しみないファンサービス、胸が「押し上げる」ので、下に空間が出来るのね
 今回の、Tシャツみたいな“張り付く”服でも着ない限り
 胴回りが太って見える、と。

 ハハッ!
愛『ぼーん!と出血大サービスしちゃってたわー』

00120
 ブラウス着ると、胸のボタンが取れるとかどうとか(原作によれば「よく取れる」とのコト)。

てこ『買っちゃった…、水着と、お揃いのログブック……(ぴかりに言わなきゃいけいないコトがある…、でも言って、ぴかりがどんな顔をするかが…、少し怖い)』

00122
00125
00127
 後ろから見た髪とか、なんか作画がすごい精緻でびっくりします。

迷ったら
 ほくほく顔の3人が可愛いですが、てこの中では、さっきの「悩み」がずんどこ大きくなっていた。
 放置するほど、悩みはザクザク胸を刺す
 が

 迷ったられっつらごー…、二人とも、時間はまだ大丈夫ですか?

 珍しく言い淀むぴかり
 もちろん、ちょいと出かけただけ。

 まだ時間はある。
『だったら…、いっちゃいませんか? …海っ!』

00135
 ぴかりさん、今週屈指に可愛い!

『せーーーーのっ! とおっ!!』

00138
00140
00142
00145
00146
00148
00154
00155
00156
00158
00160
00162
00164
00165
00167
00171
00173
00174
00175
00176
00177
00179
00185
00191
 ハコフグになります! って、完全に妖怪ですよぴかりさん!?

予定にない今日のコト
 そして始まった、意外に珍しい水着パート! 意外にデカいぴかりさん! ぴかりさんデカい!!
 てこさん、意外にぺったんこだったんですね
 これも意外

 んー…、おいしーーーーーーーーいっ!

 そして婆ちゃんの豚汁!
 ホント本作、豚汁が食べたくなる!!

 心地よく冷えた所に、脂の溶けた味噌とか最高じゃないですか! ミソペーストは欠かせません!

 婆ちゃん惚れるわー!
きの婆ちゃん『……そろそろ、春濁りが終わる頃だね』

00197
 早いもので、四話で「今は春濁りの時期だ」と話し、時期が終わる頃にはてこも海に…、と
 あのとき、楽しそうなぴかりを遠くから見てるだけだった
 けど、手の届くところにきた

 それに
きの『嬢ちゃん、今日は携帯持ってないのかい…?』

00204
 ずっと会っていなかった婆ちゃんだからこそ、てこが、あの頃と変わったと気付いてくれた。
 自分の事だから気付けなかった

 もうてこさんは、肌身離さず携帯を持ってた彼女じゃない。

 さすが本家素敵!
てこ『(そういえば…、今日、一回も携帯を開いてない……!?)』

00205
00209
00211
00216
00225
 私はぴかりと出会えて、本当に良かったと思っています……、でも…。

貰ってばかりで
 改めて「自分は変えて貰った」というてこ、だから恩返しをしたい、けど何も返せないと悩む。
 大木双葉さん、本当に内罰的な…。
 でも

 暗いところから…、お日様のところに出ると、一瞬、何も見えなくなるだろう…?
 
 対し婆ちゃんは返す。
 今、「周りが見えるようになった」だけなんだと。

 アンタの幸せはね、てこが「くれた」んじゃないんだ、アンタの周りに元々あったものなんだ

 だからね、「返そう」って話じゃない。
きの『ひかりは何もしてねえんだ、お日様のひかりは、照らすものを選ぶ事もねえ……、だからよ? 嬢ちゃんが遮らねえでくれたら、ひかりは、勝手に照らしちまうんだよ』

00226
 アンタは、ただ素直に周りを見れるようになっただけだ、恩返しをしようって話じゃないよと
 てこの気負いを解くきの婆ちゃん

 太陽は照らすものを選ばない、暗いのは、ただ遮ってるだけか…。

 あと、ぴかり「も」変わりましたよね。
てこ『(私は迷ってばかり…、ぴかりに言おうと思ってたこと、言わなきゃ…!)』

00232
00234
00236
00239
00243
00246
00250
00255
00259
00262
00265
00266
 ずっと、「うん」と答えてくれたぴかり。尊い。

バディになりたくて
 ぴかりの即断即決に、引け目を感じたてこは、勇気をふるって「悩み」を打ち明ける。
 まもなく、“バディ”になるからだ

 バディとは互いの命を預け合う事、未熟な自分は、ぴかりのバディに相応しくないんじゃと。

 文字通り預けあう
 けれど、装備のチェックも満足に出来ない

 もし「このまま自分が成長しなかったら」が怖い、その事で、ぴかりに失望されるのが怖い。

 足手まといになりたくない
てこ『迷っているうちに、後ろ向きの気持ちが、どんどん大きくなってくるの……、こんなんじゃダメだって分かってるの! 今も、まだ迷ってる…!』

00275
 何より、そんな風に悩んだまま海に行ったら、けっきょく皆の足手まといになっちゃうだろう
 バディに相応しくないんだと

 悩めば悩むほど、頭の中はグチャグチャになって、ますます答えが出なくなる。

 やりたい事に、「釣り合ってない自分」が怖い。
ぴかり『……うん、私も迷ってるよ。けっこう、しょっちゅう。特に“何かを始める時”は迷いますっ!』

00277
00284
00285
00289
00291
00294
00298
 迷うという事は、迷いたくなるような、“新しい選択肢を得た”って事。

「迷う」という事
 でも進むべきか迷うのは、「今」に安住しない事を決めたって事、挑戦への発端にいるって事
 それって、素晴らしい事じゃないか?

 だって! 迷うこと自体、チャンスですもん! 今をもっと楽しくする為の!!

 てこが迷ってくれるのは
 一緒に、ダイビングに行きたいという気持ちの表れ。

 そして、迷う事を「素晴らしい」に変えるのは、勇気を出して決断する事にあるんでしょうね。

 だから“迷ったら、レッツ・ラ・ゴー”です!
てこ『私…、色々ぐちゃぐちゃだけど…、私、ぴかりと本当のバディになりたーーーーーーーーーーーーーいっ!』

00304
 何で迷ったのか? その動機にさえ素直になれば、きっと前に進めるはずだと

二宮 愛『(相手の都合とか、自分の立場とか、色々悩んでいるうちに、本当にやりたい事が、分からなくなってしまう事がある。…でもぴかりを見ていると、そのまっすぐな気持ちよさに、ちょっぴり憧れてしまう。人生でたった一度しか訪れない、今日という日が輝くように、明日という日が楽しくなるように…、迷うのも悪くない。…そして迷ったら、レッツラゴー!)』

00306
00307
00314
00317
00318
00328
00329
00332
00339
00343
00344
00346
00347
00350
00353
00355
00358
00361
00364
00369
00372
00377
00378
00380
00381
00383
00387
 あ、あれはラッコ泳ぎ! てこの最も得意とする泳ぎじゃないか!

迷ったら迷わない
 優柔不断に、悩んでいた姉ちゃん先輩も救われ、そして実習が訪れる!
 てこ、必殺のラッコ泳ぎ!

 あの日、遠かった願いが、いつの間にかこんな近くに来てる…。もう迷わず、レッツラゴーだ!

 遂にプール実習も完遂!
 いよいよ「海洋実習」、ダイビング実践の時が来た!!

 遠かった願いに、いつも間にか近付いていた、自分の頑張った足跡に気付くてこさん!

 部員も顧問も、めっちゃ清々しいラストだった!
ちなみに原作では4巻に収録。かなり「順番」が違います

IMG_0901
 原作では姉ちゃんメインで、「海洋実習」にてこが悩む一連の流れは、アニメオリジナルです
 これに限らず、海洋実習を本作自体のメインに置いて
 流れを組んでいる感じですね

 なので来週も、またワンクッション置く模様。
予告『猫は幸せの使者』『猫は笑顔のお届けやさん』『『子猫は天使~!』』

00391
 次回、天使はてこさん達だよってね! 予告でもう可愛い!!

遠かった願いは傍にある
 自分では気付かない、変化していた自分に、久々に出会ったきの婆ちゃんに気付かされる
 願いに近付いた、それは頑張った足跡なんですよね
 なんという素敵滅法!

 そしてなんという溢れんばかりの水着回! まったく伊豆の海は最高だぜ!!

 公式で「溢れる」姉さんも凄いですね。
 ちなみに今回、実は原作だと、“夏休みの過ごし方”の回だったりします

 迷う事は素晴らしい、「素晴らしい」に変えるのは、一歩踏み出す決断にあるのかなって回だった!

 次回、第11話「猫と子猫のコト」
あまんちゅ! 感想 2016年夏アニメ 7~9月

 あまんちゅ! 第1話「少女と海のコト」
 あまんちゅ! 第2話「光といけないコト」
 あまんちゅ! 第3話「わくわくと幸せのコツのコト」
 あまんちゅ! 第4話「わくわくと諦める心のコト」
 あまんちゅ! 第5話「仲間と始めての海のコト」
 あまんちゅ! 第6話「ホントじゃない願いのコト」
 あまんちゅ! 第7話「雨のおわりのコト/夏のはじまりのコト」
 あまんちゅ! 第8話「秘めた思いのコト/まだまだ知らないコト」
 あまんちゅ! 第9話「消せない思い出のコト」
 あまんちゅ! 第10話「今日という一日を迷うコト」
 あまんちゅ! 第11話「猫と子猫のコト」
 あまんちゅ! 第12話「蒼い世界のコト」

あまんちゅ! 原作コミック感想

 あまんちゅ! 5巻
 あまんちゅ! 6巻
 あまんちゅ! 7巻
 あまんちゅ! 8巻
 あまんちゅ! 9巻
 あまんちゅ! 10巻“導かれし春”
 あまんちゅ! 11巻“理想郷”