双星、日本を駆ける! まさかの女ラッパー哲学者!? 珠洲、なんて趣味人な人…!?

00253
00365
 待望の新婆娑羅、意外に思慮深そうな喋りをすると思ったら、サブタイ通りの子ギャルだった!?
 眼鏡の哲学者、ビキニでラッパーというハイブリッド婆娑羅!
 行動が予想外すぎる!?

 いきなりラップ始めたときはビビりましたが、アレ、本当にただの趣味だったの!?

税金下げろ給料上げろォ!
 まったくだよ!いや、じゃなくて「ケガレ目となった人々」の後遺症は特に語られず
 今回の事件の意味とは?

 穴を塞げるのは双星のみ、日本縦断“新婚旅行”が始まってしまう…!?
ろくろ『何だよ…!? 何でケガレが、こっちの世界に出てきてんだよ!』

00010
 ここは禍野か現世か、普通の街を「大型ケガレ」が闊歩…!?

ケガれてんじゃ~ん
 街は、二つの世界を阻む結界の大穴「リュウコクテン」が開いたことで、禍野の瘴気に沈む
 有馬は、これを起こした婆娑羅“闇無”追討を決意し
 十二天将に出陣を命じた

 また、「思索」を旨とする婆娑羅“珠洲”が部下と共に現れ、さえとろくろ夫妻に深い興味を示した

 彼女は思索するべく撤退し
 ろくろたちは、二人の“共鳴<レゾナンス>”で穴を祓う事に成功する

 今後、同じ事態が日本全国で起こるという清弦に、ろくろ夫妻は「なら俺達が全て塞ぐ」と宣言し…?

 次回、第23話「双星 西へ -HARD TO BE MOTHER-」
ろくろ『星装顕符・焔、重奏陰陽術式“アストラルディザスター”ッ!』

00000
00001
00002
00004
00005
00006
00009
00010
00011
00013
00014
00018
00019
00020
00021
00022
00023
00026
00029
00031
00034
00035
 16歳バージョン、初の“ケガレ腕”披露!

禍野に沈む街
 街は瘴気に丸ごと侵され、陰陽師ならぬ人々は次々と昏倒…、だがここまでは「禍野」と同じ
 問題は、人々に“ケガレ堕ち”の症状が見える事

 繭良! お前はこの事を、清弦に伝えてくれ!

 いきなり赤符!
 2年前での、“全力”を披露するろくろ

 図らずも「実力の違い」を見せ付けられ、一人だけ、連絡に戻るよう頼まれる繭良。

 まるで、戦力外だと言われているようで…。
繭良『え…!? わ、わかった!』

00036
 でも異常すぎる事態、万が一周囲が気付かなかったら大惨事だし、いち早い連絡は不可欠
 ケガレだらけの街を、一人で戻らせたのにしたって
 信頼してなきゃ出来ませんよね

 今後の問題なのかも
有馬『調子に乗りすぎた咎は、穢れた命で償って貰おうか! 闇無<クラナシ>!』

00041
00042
 どうも今回の事態、空の穴は「リュウコクテン」といい、前回のクラナシとはバサラの名前らしい
 一旦、観察だと決め込んでいた有馬だったが
 これを失態と断言

 失態を悔やんでいる時間は無い…、キミ達十二天将には、死ぬほど働いて貰うよ

 死ぬほど。
 どう考えても生死です。

 新キャラ、肌が黒い(バサラっぽい)のは伏線なんですかね?
一方、こちらは「禍野」

00044
00045
 事態を見守る、狩衣同様の全身スーツ…、手足も完全に覆われていて判別はつきませんが
 彼こそ、闇無なんでしょうか。

 バサラも「武装」した方が強い、と神威が証明していますし。

 闇無は、更にバサラらしからぬとか…?
清弦『リュウコクテンか…、妙な事が続くから、どっかに開くんじゃないかと思っていたが、コイツは面倒な事になってきたぜェ…』

00046
00047
00050
00053
00055
00056
00061
00063
00064
00065
00067
00069
 さえを連れて行くのは、言葉通りか、それとも“力”を見込んでなのか…?

神(清弦)をも恐れぬ暴挙!?
 星火寮では、「元・十二天将」である清弦が事態を看破、瘴気が噴出す源泉
 それこそ“リュウコクテン”だと

 町ン中にケガレが出てンだろ~? だったら、チビ介達の傍に居るのが、一番安全なんじゃねェか?

 老人達を連絡役に残し
 現時点で、寮内最強の亮悟コンビはケガレ駆逐に

 残る若手コンビと繭良、更にさえまでも頭に乗っけて、清弦は自ら乗り込むこととなる。

 この人、ホント良い人だな!
清弦『ろくろ…、またテメエの力を借りなきゃなんねえのかよ…!』

00072
00077
00078
00079
 本当なら、ろくろ達“子供”を戦わせるのが一番不本意な清弦ですが…!

現世の禍野
 瘴気に侵された人々の中には、「ケガレ目」で動く者も現れ、危険な兆候を見せている模様
 一方、まともなまま身体を引きずっている者達は
 呪力の高さの証明

 つまりケガレは、「動いているモノ」を狙えば、効率よく呪力強化できる状況なんですね

 これも、狙いなのでしょうか?
カップル『オトコなら何とかしなさいよー!』『てめえが、グズグズしてっからだろうがーーーー!』

00084
00085
00086
00094
00095
00097
00100
 男の声、ろくろ(cv花江さん)のめっちゃ汚い演技で少し笑えます。

突き飛ばし
 事実、倒れている人々よりも、逃げ惑うカップルが優先して狙われますが、男が女を囮に…!
 いや彼、てっきり逃がす為かと!

 今…、コイビトを見殺しにしたね?

 しかし狙われたのは男
 優れた資質を持ち、しかも穢れた心を持つ男が狙われる

 でかい。 
『この世界も…、結構ケガれてんじゃ~ん♪』

00108
00113
00117
00120
00121
00127
00129
00131
00136
00141
00144
00146
00149
00153
00159
00161
00165
00168
00171
00172
 殺す…? それって誤謬? つまり…、間違ってんじゃ~ん♪

哲学が足んないじゃん
 まさかのラッパー!? やはり男を手にかけた“女バサラ”、ですがまさかのヒップホップ!?
 ケガレは、まさかのバックダンサー!?

 税金税金税金下げろ! 給料給料給料上げろッ!

 全くだよ!
 いや、そうじゃなくて!!

 この世はケガレている、そんな「ケガレ要素」を、たっぷり詰め込んだラップってワケだね多分!

 チキショウ、無駄にカッコいいぞ!
ろくろ『だんだん、霧が濃くなってきたな…、アレか』

00178
00179
 リュウコクテンとは、前回の陰陽マークみたいなヤツではなく、輪切りの土星みたいな…?
 場所は、もはやお馴染みの川の上
 縁がありますね

 何かあるんでしょうか?

※橋は「渡るもの」、昔から“異界”の象徴的なモノでもあるとか。
清弦『ろくろ…、少し気になる事があったんだが……。どうだいお嬢ちゃん?』

00184
00186
00187
00190
00193
00194
00201
 出現タイミングの一致、やはり清弦は、さえを疑っていたらしい。

リュウコクテン
 が、さやは「分かんない」と答え、彼女の問題は棚置きに…、後で崩れそうですが!
 あの穴は“結界”の大穴!

 でも! あの穴をふさげば、街は元通りになるんだろ?

 清弦、「間をおいて」頷く。
 怪しい…

 裁縫同様、今までの「ほころび」なら繕えますが、「穴」ともなると簡単には塞げそうにありません

 そも、“結界”って人為的なものなのか?
清弦『それにはまず…、あいつらを掃除しなきゃならねえぞ』

00207
00210
00212
00213
00214
00215
00218
00220
00222
00224
00225
00230
00235
00236
 一枚絵でもいい、無理をするよりは!

パーティーバトル
 そのまま集団戦闘に突入するものの、囲まれ、全員が敵に晒されている状況とあっては
 支援型は一番危ない!

 繭良ちゃん、ナイスフォロー!

 言ってる場合か!
 新人・繭良、あっと言う間に窮地に!

 ちょっとエロい!
清弦『繭良!』

00237
00239
 幸い、紅緒を思わせる俊足攻撃が次々と敵を駆逐、しかし紅緒は立ち止まっており…?

『愚昧なケガレって…、チョーウゼーじゃ~~~ん♪』

00243
00246
00247
00249
00251
00252
00253
00255
00260
00262
00264
00267
00268
00270
00272
00274
00276
00279
00281
00282
00286
 バックダンサー共、無駄にポーズつけないで!? かっこいい!

いつの時代の人ですか…?
 神威同様、婆娑羅となると「雑魚ケガレ」に仲間意識はなく、邪魔だったから殲滅してのけたらしい
 う、後ろの三体喋れるの!?

 アチキは…、珠洲でありんす♪ 以後、お見知りおきを。ソコントコヨロシク~~~♪

 渋谷系ギャル(古代語)。
 ろくろ、「古い」と分かる時点で相当だぞろくろ!!

 今回、単に「穴が開いてたから出てきた」だけだが、さえの持つ異常な気配に興味を持ったという

 アンタらも充分異常ですが!
『では…、再度の邂逅を希求する……、つまり、また会おうじゃ~~~ん♪』

00288
 狙いは観察と思索、「思索する」哲学者である珠洲には、ろくろ夫妻含めて興味深いらしい。
 てなワケで、今回の思索に没頭する為か
 あっさり帰ってしまうのだった

 戦闘マニアの次は思索マニア、婆娑羅って、趣味人しかいないのでしょうか…!

 寿命長いからね!
清弦『無駄な時間を使っちまったが…』

00289
 清弦師匠のわかりやすいまとめ。

清弦『もう一仕事、残ってるぜェ……、万魔調伏! 急急如律令!!』

00290
00292
00293
00295
00298
00303
00306
00307
00311
00312
00318
00319
00321
00330
00332
00337
00339
00340
00344
00347
00348
00349
00350
00353
00358
00362
00364
 大穴は収束の瞬間「陰陽」の印に、つまり段階により形が変わるらしい。

双星の使命
 一同は、符から放たれたビームで穴を攻撃にかかるが、実は単なる「魔を祓う」基礎術らしい
 当初、清弦の力でもビクともしなかった
 が

 分かってるよ清弦…、リュウコクテンを塞ぐには、俺と紅緒の“レゾナンス”が必要だ

 共鳴は一瞬でコレを打破
 清弦が、「チビ介の力を借りる」と言ったのはコレか

 今後、全国で起こり得るという清弦に、ろくろたちは熱い決意を叫ぶ事に。

 さえの笑顔は、何を意味するのか…?
ろくろ『俺達が行って、全てのリュウコクテンを塞いでやるッ!』

00365
 これが今期「列島覇乱編」のテーマだったってワケだ!

エンディングの「黒い太陽」

00368
 今回のリュウコクテンの変化を見る限り、完全に開くと、こんな感じになるのかも?
 闇無しの狙いは世界の侵食?

 ただ今回の件が世界規模に広がり、人間社会が崩壊すると、陰陽師も戦えず滅亡するでしょう

 それが敵の狙いなのか…?
予告『ヘミングウェイは言ったよ、“愛してない人間と旅に出てはいけない”って!』『な、何マセたこと言ってんだよさえ!?』『ん?』『あ、あどけない笑顔で誤魔化してもダメ!』『んん?』
バカ親『『あーーん! もー、かわいーーーーーっ!!』』

00063
 予告が完全に親バカ! 旅行なら、地域性の高いネタに期待したいですね!!

双星婚前新婚旅行編!
 なるほど、今期は旅行、すなわち新婚旅行がテーマだったってワケですね多分!
 対し、“戦闘マニア”の神威と対をなすバサラ
 思索バサラの珠洲が

 何だか雰囲気が、有馬に似てますが、どっちもタチが悪そうだからですね!

 二人に並び立ちたい
 繭良の覚悟も、二人に届かない事を改めて強調

 そこから彼女が見出すものは? そして旅行についてくるかが問題だ! やーいハーレム!

 次回、第23話「双星 西へ -HARD TO BE MOTHER-」
双星の陰陽師 感想

 双星の陰陽師 第1話「運命の二人 -BOY MEETS GIRL-」
 双星の陰陽師 第2話「双星交差 -A FATEFUL FIGHT-」
 双星の陰陽師 第3話「すれ違い -A HERO'S WORTH-」
 双星の陰陽師 第4話「禍野の音 -BOTHERSOME TWOSOME」
 双星の陰陽師 第5話「十二天将 朱雀 -THE GUARDIAN SIMON-」
 双星の陰陽師 第6話「紅緒と繭良 -GIRLS'PARTY-」
 双星の陰陽師 第7話「新たなる試練 -UNBElIEVABLE GAME-」
 双星の陰陽師 第8話「ろくろの気持ち -SHOCKING CONFESSION-」
 双星の陰陽師 第9話「交錯する悲劇 -TRAGEDY COMES WITH SMILE-」
 双星の陰陽師 第10話「すばるの修行 -THE FICKLE GUARDIAN-」
 双星の陰陽師 第11話「新婚さんおきばりやす -FANTASTIC MOMENTS-」
 双星の陰陽師 第12話「勘弁しろし -BASARA BOY KAMUI-」
 双星の陰陽師 第13話「君の勇気 私の勇気 -ZERO MILLIMETERS APART-」
 双星の陰陽師 第14話「浴衣と星と願い事 -TANABATA SPECIAL-」
 双星の陰陽師 第15話「ひとりぼっちに さようなら -THE AWAKENING OF LOVE-」
 双星の陰陽師 第16話「陰陽師として -SALVATION THEN WAILING-」
 双星の陰陽師 第17話「師がくれた赤い証 -NEW TALISMAN FROM MASTER-」
 双星の陰陽師 第18話「決戦前夜 -TRIUMPH OVER FEAR-」
 双星の陰陽師 第19話「罪もけがれも -THE 10 SECONDS DECISION-」
 双星の陰陽師 第20話「ふたりの道 -TO THE FUTURE WITH US TWO-」
 双星の陰陽師 第21話「双星新生 -SWEETIE FAIRY-」
 双星の陰陽師 第22話「ケガれてんじゃ~ん -PHILOSOPHICAL FILTHY SERAPHIM-」
 双星の陰陽師 第23話「双星 西へ -HARD TO BE MOTHER-」