「石田あきら版」、完結! 歪な世界を救う事は、それを“維持してた”人を救う事だった!!

Aaa_002
Aaa_004
IMG_0766
IMG_0765
IMG_0764
 確かアニメ版の頃から読んでいた本作も完結、閉じた、“同じ状況”を繰り返し続ける世界
 でも、確かに「それ」で救われていた人もいたんですよね
 そうして救いたかった人がいた

 自分自身の大切なものを投げ出して、「みんな」の為に頑張り続けた少女、精霊様が報われて…

裏切った/そうじゃない
 彼女は、その為に「初代勇者」の手を振り払って、それが彼を傷付けたって悔やんでて
 そこまでしてでも“みんな”を救いたくて

 不死鳥を介し、みんなの感謝が彼女に伝わる結末、本当に素敵でした。

何が起きたって、幸せだけは約束できる。丘の向こうには、きっと「明日」があるんだから!

IMG_0762
 勇者たちが落ちた先、どこだったんでしょうね。意外に“現代”だったり?

あの丘の向こうに
 メイド姉は、「聖骸」という“実在し得ない口実”を探し当て、遠征軍に渡す事で戦争を終結させ
 女騎士も、老弓兵の置き土産を活用し、また「勇者の剣を使う」という
 本来ならありえない手段で大主教を撃破

 勇者と魔王も、「繰り返し」という手段で世界を守ってきた少女“聖霊”を説得し、世界解放に成功

 世界を守る為に愛する者を捨てた少女は
 世界を守ったご褒美とばかりに、愛する者と再会し新しい旅立ちを得る。

 勇者と魔王、そして女騎士も「役割」から解放され、ようやく、彼ら自身の人生を得るのだった(終)

「ひかりのたま」と「やみのころも」

IMG_0771
 戦争を止めた「勇者」メイド姉、そして「魔王」の決戦に際し、大司教が投じた切り札が……。
 二つの決戦、その鍵となったのが“ドラクエⅢ”由来だった辺り
 ちょっと笑えました

 女騎士も、いわゆる「負け犬ヒロイン」じゃなくて、一緒に旅立つラストで本当に良かった…。

 巨乳と貧乳は共にあるべきなんですね! 

最後の最期で救われて、良かったなって思った人

IMG_0770
 他人と「寝る」事まで仕事にしてきた彼女が、奇麗ごとの、宗教の為に汚れてきた彼女が
 そりゃ、彼女が罪をさんざん犯した末であったとしても
 だから死んだのかもしれないとしても

 ずっと「ウソの愛」を武器に生きてきた人が、愛されて終わる結末はとても素敵だと思いました。

 彼を気にかけていた姿が、本当に切なかったですから。

うん…、私はずっと…、ごきげんだったよ

IMG_0769
 彼女が倒れた事は、「外伝」で知っていましたが、歴代魔王の魂を引き受けたからなんですね
 この子、本当に無茶しすぎて切ない…

 本当にささやかな願いの為に、全てをなげうつ姿が尊かった。

 彼女主役の外伝では
 ずっと後に、回復に至った姿が描かれています。

BGMはドラクエⅢ「おおぞらをとぶ」

IMG_0767
 地上から不死鳥を眺める人たち、というのが、本作の「元ネタ」オマージュを感じて
 とても素敵だと思いました

 頑張ってやり遂げた結果が、たくさんの幸せが感謝し、祝福するラスト。

 多くのキャラの、その後まで語ってくれたラストも良かった!

収録

IMG_0768
 しかし可愛いラスボスであったわ!

 角川コミックス・エース「まおゆう魔王勇者「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」、18巻(完結)」
 原作:橙乃ままれ、画:石田あきら。月刊コンプエース連載作品。
 2016年8月(前巻2016年2月)

収録
 第五十六話「私の援軍は貴方です」
 五十七話「私はずっと… ごきげんだったよ」
 最終話「あの丘の向こうに」

コラム
 第54回……援軍について
 最終回……不死鳥について

 オマケ漫画&イラスト収録
 カバー裏おしえて!メイド長 その18は「未来へ<メイドへ>!」

 巻末にはたっぷりカラー、各所からの最終回お祝いイラストをカラーページで掲載!!
石田あきら


 まおゆう魔王勇者 角川版 9巻
 まおゆう魔王勇者 角川版 10巻
 まおゆう魔王勇者 角川版 11巻
 まおゆう魔王勇者 角川版 12巻
 まおゆう魔王勇者 角川版 13巻
 まおゆう魔王勇者 角川版 14巻
 まおゆう魔王勇者 角川版 15巻
 まおゆう魔王勇者 角川版 16巻
 まおゆう魔王勇者 角川版 17巻
 まおゆう魔王勇者 角川版 18巻(最終巻)“あの丘の向こうに”

 まおゆう外伝 まどろみの女魔法使い 最終巻(7巻)
 ログ・ホライズン シーズン2 全25話 感想(同作者原作)